部品に多用されているねじ

自転車の部品に多用されているねじ

部品に多用されているねじ 自転車に使われている部品は、ねじで取り付けられているものが多いため、工具を用意して常にメンテナンスを行うことが大切です。交換頻度の高いブレーキにも使われているため、整備の初心者にとっても身近なものです。 スポーツ用の自転車を購入した後には、ねじを使ってボトルケージを装着します。ボトルケージは六角レンチを使って固定することになりますが、軽いものを好んで選ぶ人も少なくありません。部品の重さも軽減することで、エネルギー効率を高める工夫をするのも大切なことです。 六角レンチやドライバーは、サイクリング中にも携帯するのが常識です。出先でトラブルに見舞われたときには、携帯用の工具が役立つことがあります。長距離を走る場合であれば、工具の必要性が非常に高まることになります。 自転車のねじが錆びてしまった場合には、販売店と相談をして、交換したほうが安全性が増します。ボトルケージ用のねじは、カラフルなデザインの製品が自転車店で販売されています。

夜間走行の安全性を高める自転車ライト

自転車には、ライトを必ず装着することが義務付けられ、点検の際のチェック項目にもなっています。
定期的に販売店で修理を受けている人も、自分で最低限のメンテナンスをしておけば、夜間走行の安全性を確実に高めることができます。
最近はLEDの光源が使われることが多いですから、以前よりは電池持ちが良くなっています。
それでも、うっかりと充電を忘れていると、必要なときに十分な明るさを確保できないこともあります。
取り外し式のライトを使う場合には、予備の電池を携帯することも大切です。
ダイナモ式のライトは、従来型の自転車には多く採用されていますが、走行時に重く感じられることがあります。
短距離であればダイナモ式は大変に役立つものですが、長距離のサイクリングをするときには、取り外し式を装着して使い分けるのも賢い方法です。
どの種類のライトを使うにしても、必要なときに点灯させないようでは意味がありません。
薄暗い状態が特に危険ですから、夕暮れ時には早めの点灯を行うことが大切です。

check

喜多見の歯科で治療

Last update:2018/6/22

copyright