タイヤの種類とシャフトの使用

自転車で使われるタイヤの種類

自転車で使われるタイヤは大きく分けて3つの種類があります。
最も一般的なのが「クリンチャー」です。これはシティサイクルからロードバイクまでどんな自転車にも使われる種類で、ホイールにタイヤを装着し、そして中にチューブを入れる方式です。パンクしてもチューブを交換するだけで修理が完了するため、日常使いに最適だと言えます。
しかし、修理になれていないと交換時にチューブに穴を開けてしまうということもあるため注意が必要です。
スポーツ車で使われることがあるのが「チューブラー」です。タイヤにチューブが縫い込まれており、一体化しています。乗り心地が良いのが特徴ですが、その構造上チューブのみを交換するということができないため費用がかさんでしまいます。
そして、近年増えてきているのが「チューブレス」です。この種類もスポーツ車で使われることがほとんどです。これはホイールに専用のタイヤのみを装着する方式です。
耐パンク性に優れており振動吸収性も良いですが、価格が高いのが欠点です。

駆動系の部品としてシャフトを使う自転車

シャフトを使う自転車 多くの自転車には、チェーンを中心とする駆動方式が採用されていますが、一部にはシャフトを使った製品もあります。異なった駆動方式を採用することで、新たな走行性能を生み出すことができるため、維持管理の分野でも注目できます。
シャフトドライブを使うことによって、定期的な注油の必要がなくなりますから、雨が多い季節には特に重宝します。従来の自転車に乗るときには、チェーンの油が衣服に付着しやすい問題がありましたが、新たな方式であれば問題がなくなります。
裾バンドを付けなくても油がズボンに付くことがないために、正装をしている際にも運転しやすくなります。
シャフトドライブには堅牢な強度が必要ですから、ある程度の重さになりますが、安定感や安全性は十分に確保されています。
シャフトのメンテナンスは、信頼できる販売店に依頼すれば、長い期間にわたって良い状態が保たれます。定期的な点検を受けていれば、金属部分の劣化を見逃すこともありません。

recommend

丸子橋でバーベキューを楽しむ

2018/7/27 更新

copyright